ミリーズメガネポーチ クラス 2018年7月15日(日曜日)in 成城

開催場所は成城です
教室・クラス
参加費:12,960円(税込)
購入数
予約する
 

商品詳細

最近、大好評のメガネポーチは、カルトナージュ製法と違い柔らかい素材が内部に使われています。
軽くて柔らかい素材で成型をし、
その上を英国リントン社の生地で覆い、ポーチやバッグを成形するクラフトです。
クラフトには欠かせないのがメガネやハズキルーペです。


あるとき英国リントン社の生地を眺めていて、
いろいろなサンプルを作ってみたくてミニチュアサイズのバッグを製作していました。
以前から刺繍をハンドバッグに仕立てたくて
試行錯誤していました。

そんな時に手元にあったリントン社の生地で試作をしていましたが、
でも生地を覆うところで、どうしてもうまくいかない。
ツィードの端の折り返しがどうしてもうまくいきませんでした。
最初は難しくて、
お休みの日を何日も何日もこの試作に費やしました。

そしてある日、
デザイナーになった娘のサンプル直しをミシンでしている際に
ヒントになった出来事があり、
この手法で成型しましたら
たちまちバッグ型のポーチが完成しました。

それがきっかけとなり誰にでも簡単に成型できるスタイルが誕生しましたが、
そんな小さなバッグにメガネを入れてみたらぴったり!


偶然から生まれたメガネポーチでしたが、
「ハズキルーペを入れる素敵なメガネケースがないのです。」
そんなお声も聞かれるようになり、
ハズキサイズも作りました。

メガネ以外にもアクセサリーを入れても楽しめます。
柔らかいので、ハンドバッグの中でもかさばらず、
また人前で出したときにも「可愛い!」の声があがります。


英国リントン社の生地は、
艶や発色において100年の歴史の中でココ・シャネルも採用した確固たるスタイルを表現できる生地です。
この生地は、美しい配色と何本もの糸で構成されているだけに
小さなクラフトに使う場合に、縁のほつれを上手に扱うことが難しかったのですが、
岡田美里が考案した方法ですと、驚くほど簡単に仕上げることができます。
留め具は他では手に入らないオリジナルになります。


写真の横型のサイズ
横18×縦8×マチ4センチ


開催場所は成城になります。
2018年7月15日(日曜日)
13:00pm〜15:00pm

講師
岡田美里


lessonレッスン

アトリエのご紹介

recommendおすすめ商品

×

グループから探す